Division of Microbiology and Infectious Diseases
Niigata University Graduate School of Medical and Dental Sciences

ニュース

> ニュース2016年〜現在

←前の頁 次の頁→

sp

2017322

No_863 200,000アクセス

 MIDのHPアクセス数が,20万を超えました.閲覧していただいた皆さまに感謝申し上げます.

You can see a large image by click.

 
 HP公開から4年半が過ぎ,かつ 年度も改まりますので,4月1日にリニューアルを計画しています.これからも宜しくお願いいたします.

sp
sp

2017320

No_862 第90回日本細菌学会総会:仙台市

 仙台市国際センターにおいて,「第90回日本細菌学会総会」が開催されています.MIDも口演とポスター発表を行いました.

You can see a large image by click.

 
 発表時の討論から,次の研究展開に繋がるヒントを得ることができました.また,他の発表者との質疑では,進捗の滞った実験のアドバイスも頂戴できました.

You can see a large image by click.

 
 対面してこそ交換できる情報も多く,かつ評議員会場の東北大学 片平キャンパスも美しく,有意義な期間を過ごすことができました.

You can see a large image by click.

sp
sp

2017317

No_861 H28年度最後の論文抄読会

 定例の学術論文の「抄読会」が,今年度は最終回となりました.3つの多様性の富んだ研究が紹介され,相互に学び合うことができたと思います.

You can see a large image by click.

 
 来月からは新しい大学院生さん達も参加します.そして,秋頃からは論文精読と発表も開始してもらう予定になっています.MIDでは,抄読会を通じて,研究課題とプレゼンも学んでもらうことを目指しています.

sp
sp

2017316

No_860 第90回日本細菌学会総会の準備

 仙台市で「第90回日本細菌学会総会」が開催されます.当MIDの口演とポスター発表のスケジュールを点検します.

You can see a large image by click.

 
 抄録や日程表は,電子ファイル化されて久しくなりました.さらに今では,タブレットやスマートフォンのアプリも公開されています.早速 ダウンロードして,関連研究の発表日時をアプリのマイスケジュールに登録していきます.大会長の先生,事務局の皆さま,様々なご配慮をありがとうございます.

You can see a large image by click.

 
 本大会長の先生は,14年前の学会でも実行委員長を務められており,当時も細やかな運営配慮に感嘆させられました.当時の特別企画「明治・大正・昭和の先人たち」では,最も感銘を受けた講演を聴講することができました.今回も非常に楽しみです.

sp
sp

2017315

No_859 新たな年度の新たな研究へ

 昨今は,薬が効かない「薬剤耐性(AMR)微生物」の増加が報道されており,皆さんも見聞きしたことがあると思います.特に,病院内を中心にAMRは増加し,入院患者さんへの院内感染も問題となっています.そこで,政府は今年から2020年までのアクションプランを策定しています.

You can see a large image by click.

 
 「薬剤耐性(AMR)アクションプラン」では,病院内での感染予防,AMR制御の研究,そして専門職への教育等が掲げられています.MIDでは,学部講義や近隣病院での講義を通じ,県内のAMR教育を一層充実化させていきます.

You can see a large image by click.

 
 さらに,「感染症研究の今後の在り方に関する検討」も重ねられ,基礎研究の面からもAMR対策との連携が求められています.新年度は,MIDの強みを活かし,新たな体制で新たな研究課題も設定していきます.

sp
sp

2017313

No_858 総復習のリクエスト

 年度内の講義が終了し,学生さん達は春季休暇となります.その間を利用した総復習の要望がありました.MIDでは,自ら学ぶ意欲のある学生さん達を歓迎しています.

You can see a large image by click.

 
 春季休暇の期間が短く 時間制約があるため,改訂テキストに合わせたサブノートを作成しました.テキストとサブノートを活用し,知識の再確認と共に 学修スタイルの再点検も行なってください.

You can see a large image by click.

sp
sp

2017310

No_857 歯学部FD:研究倫理指針の改正について

 本年2月末に各種の「研究に関する倫理指針の改正」が告示され,5月30日から施行されることになりました.研究に協力してくださる国民の皆さんの心配と不安を解消するためにも,指針改正の正確な知識の習得は必須です.

You can see a large image by click.

 
 そこで,新潟大学歯学部では,倫理審査事務局の先生を招き,昨夕にFDを開催いたしました.平常よりも遅い時間帯であったにも関わらず,100名を超える参加者があり,その89.6%から有用な講演であったとのアンケート回答がありました.

You can see a large image by click.

 倫理審査事務局の先生と事務の皆さまに感謝申し上げます.

sp
sp

201738

No_856 吉報の継続に向けて

 昨年に大学院を修了し,臨床分野の教員となった先生が,英語論文を完成させて電子投稿を行いました.

You can see a large image by click.

 
 吉報が続くことを祈ります.

sp
sp

201737

No_855 早春の吉報

 大学院2年生さんの論文が受理されました.MIDで研究を行う契機となった課題であり,実験から英語論文の執筆投稿まで,院生さんが主担当で行いました.「おめでとう.」

You can see a large image by click.

 
 現在の実験についても論文に纏めて業績を重ね,4月から来る院生さん達の良き手本となってください.

You can see a large image by click.

sp
sp

201736

No_854 H28 医学研究発表会 新カリキュラム版

 今年度2回目の『医学研究発表会』が開催されました.医学研究実習では,基礎/臨床,学内/学外,国内/海外,単独/チーム研究の様々な組合せで研究を行います.総数140もの発表があり,その中で海外研究が15演題もありました.

You can see a large image by click.

 
 今年度が2回開催となったのは,医学科カリキュラムの改訂が関係しています.例年は4年夏の医学研究実習ですが,本年に限り3年冬にも同時開講されていました.

You can see a large image by click.

 
 MIDでの実験体験後に,米国UCSDのラボで発表実験を行っていた医学科3年生さんも ポスター発表を行っていました.実験の頑張りに加え,短期海外留学での成長を感じた内容でした.

sp
sp

201733

No_853 第26回歯科衛生士国家試験に向けて

 明後日の平成29年3月5日(日)に,『歯科衛生士国家試験』が施行されます.新潟大学 歯学部 口腔生命福祉学科の4年生さんも受験します.

You can see a large image by click.

  
 全ての受験生さんが,学んだ成果と実力を発揮できますように.

You can see a large image by click.

sp
sp

201731

No_852 倫理指針の改正に伴う歯学部FD

 文部科学省の「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針」及び「ヒトゲノム・遺伝子解析研究に関する倫理指針」が改正されることになりました.そこで,新潟大学歯学部では,専門部署の先生から改正点を解説していただき,歯学部の研究活動に際し必要な知識の習得を図りたいと計画しています.

You can see a large image by click.

 
日 時 2017年3月9日(木) 17:30〜18:30
場 所 歯学部講堂

全教職員ならびに大学院生さんの受講が可能で,受講証明書を発行いたします.問合せ事項がありましたら,HP右上の赤ボタンをクリックしてください.

sp


←前の頁 次の頁→



sp
sp

Back to Top